So-net無料ブログ作成

卍・徳蔵寺(城里町) [茨城県]


弘法大師の御寺 開運、厄除 徳蔵大師

 

花の寺6番 徳蔵大師 徳蔵寺

 

 

イベント
「徳蔵大師祭」・・・毎年4月29日(昭和の日)
 

 

  • 佐竹七福神めぐり(寿老人)
  • 開運 花の寺めぐり(第6番、大日如来、末、申年)

    未申年(大日如来)
    主な花 シャクヤク、あじさい、ききょう

    弘法大師によって平安時代に建てられたお寺と伝えられています。
    その後、徳蔵寺は兵火にあい、大泳二年(1522年)に空法上人が
    現在の地に再建したということです。

    隆盛の時は、三百の僧侶が徳蔵寺で修行していたとも伝えられて
    います。大師堂に安置されている弘法大師像は県の文化財に指定
    されています。

    大師堂の脇には、四国八十八ヶ所の砂が埋められているお砂踏場があります。

  • fumi.jpg
御砂踏場には、四国八十八ヶ所の砂が埋められています。

大師堂の脇に「御砂踏場」と書かれた石碑がありました。
そのすぐ下には、人の足の形をしたものもあります。
これはなんだろうかとその脇にあった説明を読むと、

「足の形をした踏石の下に四国八十八ヶ所霊場のお砂が
埋めてあり 踏むことによって全部の霊場を参拝した
ことになります。
その際に(南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)
とおとなえしましょう。」

と書いてありました。

四国八十八ヶ所それぞれの砂を持ち帰って一ヶ所に埋め、
それを踏むことによって、四国八十八ヶ所をめぐったと
同じ功徳が得られるということなのですね。

説明に書かれている通りに、
「南無大師遍照金剛」と唱えながら参拝

こちらのお寺は 数年前に花の日に六堂めぐりで3年(回)
4月29日に数回訪れましたが
今回2年のブランク後 久しぶりに訪ねてきました

初御朱印 頂いて参りました

a007.jpg
 
 

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。